So-net無料ブログ作成

ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーの最安値情報

ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーはイージーで
飛距離が稼げるドライバーに仕上がっていますが
ツアーステージ PHYZに限らず、ドライバーって高いですよね?

ゴルフクラブを少しでも安く購入したいのであれば
断然、ネット通販がお買い得ですよ!
特に私のお気に入りのお店が↓になります。
⇒ ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーの詳細はコチラ

送料無料でこの価格でしたら、なかなかではないでしょうか?

また、このお店はシャフトも沢山取り揃えていますし
レフティー、レディースなんかもありますよ♪

実際にお店に足を運ぶのも悪くは無いですが
これだけのモデルの種類、シャフトを取り揃えているお店は
ココ以外ではなかなか無いかと思います。

興味のある方は是非見てみて下さいね♪
⇒ ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーの詳細はコチラ

[編集]

ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーの試打感想 その2

ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバー試打してみました♪

まずは軽めにスイングしてみると、打感、そして音の良さがすぐ分かりました。
迫力のある打球音と手に残る心地よい感触は打っていて楽しくなります。

そして、球離れが早くて強い弾き感が手に伝わってきます。
ボールも力強く飛び出していき、このドライバーの特徴でもある
ボールの上がり上がり易さはかなりの高性能ですし、球の捕まりも良いです。

きっとヘッド、シャフト共に捕まりを意識した設計なのでしょう。
インパクトゾーンでヘッドがスムーズに返っていく感じが分かりました。
ヒッタータイプには吹き上がる不安がありますが
ヘッドスピードが40以下の人には、イージーでキャリーが稼げるドライバーですね♪


⇒ ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーの詳細はコチラ


[編集]
共通テーマ:スポーツ

ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーの試打感想 その1

ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバー試打してみました。
このドライバーはスインガータイプの方にはとても適していると思います。

「安定性」という点でも、このドライバーはミスに対する許容範囲がとても高いです。
ヘッドの大きさが上手くイージーな面をだしてくれています♪

ヘッド形状、重量などがピッタリな方には頼もしいドライバーになりましす 明らかにシビアなドライバーとは一線を引いています。

⇒ ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーの詳細はコチラ


しかし、私にとってはかなり難しいドライバーで
インパクトの感触が良くてもボールが散らばってしまいました。

私のスイングの質の悪さがでてしまい、タイミングもバラバラでした。
今回の試打では練習不足を痛感させられました(笑)

⇒ ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーの詳細はコチラ

[編集]
共通テーマ:スポーツ

ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーの特徴 その2

ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーには
「VIQシリーズ」お得意のターボラバーみたいなモノがあります。

ヘッド後方に「HARMONIC METAL」と記載があるのですが
この金属の部品のような物が
ヘッドの余分な振動を抑えてくれる役割を果たしています。

⇒ ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーの詳細はコチラ


また、「PHYZ」の刻印の下には「HUMAN HARMONIZED DESIGN」と記されていて
これは人間の感性、感覚に調和したドライバー
という解釈でよいのでしょうかね(笑)

最近のドライバーは性能的にはとても向上していますが
物理的な面ばかりが追求されがちなので
ゴルファーの感性を意識して作られたドライバーというのは
個人的にはとても共感できます♪


⇒ ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーの詳細はコチラ


[編集]
共通テーマ:スポーツ

ブリヂストン ツアーステージの「VIQ」と「PHYZ」

少し話しはそれますが、「VIQ」は「PHYZ」の発売に伴って
無くなってしまったのでしょうか?

2011春夏のカタログからは落ちてますよね(笑)
同じ時期発売の「GRシリーズ」なんかはまだ載っているんですよね。

⇒ ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーの詳細はコチラ


元々「Vシリーズ」のあったポジションを既に「GRシリーズ」が継いでますし
「VIQ」お得意のターボラバーもPHYZに使われています。
ただ、ブランドネームは結構流動的なのでPHYZ
売れ行き次第なのかもしれませんね♪

ただ、「VIQ」は2年に1回のペースで出てるので
今年の2011年は出てないだけなのかもしれません。
出るとしたら2012年なので、来年になれば分かるかもしれませんね(笑)

⇒ ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーの詳細はコチラ




[編集]
共通テーマ:スポーツ

ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーの特徴 その1

ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーには
トゥ側のところに「TOURSTAGE」マークが刻印されています。

発売前はブリヂストンの新しいブランドだと聞いていたのですが
PHYZはツアーステージの中での新しいブランドという位置づけです。
ツアーステージ以外に、以前のように「レイグランデ」、「レクスター」
といったブランドが誕生するのだと勝手に期待していたんですけどね(笑)

⇒ ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーの詳細はコチラ

今の「VIQ」と同じポジションと考えればよいかと思います。
ツアーステージには「Xシリーズ」があって、今は無き「Vシリーズ」
他に「GRシリーズ」なんかがラインアップされています。

そこに新しく「VIQ」が追加された訳ですが
個人的には「PHYZ」、「VIQ」共に全く別のブランドにしてほしかったですね。

⇒ ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバーの詳細はコチラ


[編集]
共通テーマ:スポーツ
40万稼ぐサラリーマンが使うFX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。